司牡丹 特別純米「船中八策」1800ml
土佐の辛口

 瀬戸内海に面した岡山、広島、そして対岸の香川、愛媛、さらに九州の大分のお酒は甘口が多く、太平洋側の高知は、淡麗辛口型のお酒が多いことで知られていました。土佐のお酒だけがなぜ淡麗辛口になったのかは諸説があります。土佐造りといわれるカツオのたたきなどと相性がいいから、黒潮に乗って南九州の焼酎文化の影響があったからなどです。あるいは、酒豪が多いといわれる土佐人気質が、飲み疲れしない淡麗辛口のお酒を育んだのかも知れません。
  そんな土佐の酒の個性を守っているお酒が「司牡丹 船中八策」なのです。全国的に淡麗化が進んだといわれますが、「司牡丹」の淡麗さは、男性的な力強さを内包しています。従って、お燗にしてもしっかりした存在感を失わず、酒盗のような塩辛いものにも合うパワーを秘めています。

--------
■種類:日本酒
■商品名:司牡丹 特別純米 船中八策
          (せんちゅうはっさく)
■容量:1800ml
(720mlもあります)
■アルコール分:15.5度
■蔵元:高知県 司牡丹酒造株式会社
型番 n034
販売価格 3,024円(内税)
購入数
up down
この商品を買った人はこんな商品も買ってます。